音質アップ

軽箱バン、エブリィでアウターバッフルは意味ある?実際に自分で作ってみたので、内容をまとめました

ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

アウターバッフル… ご存知でしょうか?

通常、スピーカーはドアパネルの内側に取り付けられています。

このスピーカーをドアパネルの外側に取り付けるのが、アウターバッフルです。

そう…こんな感じで。

通常、ドアパネルの内側にスピーカーが取り付けられている場合、音の一部はドアパネルに阻まれます。

しかし、アウターバッフルであれば、スピーカーから出る全ての音が、車内に広がるわけです。

つまり、音質が良くなります。

軽箱バンと言えば、商用車がベースなので、乗り心地にこだわる車ではありません。

…とはいえ、どうせなら、なるべく良い音で音楽を楽しみたいです。

なので、アウターバッフルを作ってみたわけですな。

…というわけで今回は、軽箱バン エブリィのアウターバッフルについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

最初に注意しておくこと

自分でアウターバッフルをDIYする場合…

とりあえず、まず初めに留意しておくべきことは、「加工すると後戻りできない」ということです。

アウターバッフルの場合、ドアパネルに穴を開けることになります。

もちろん、失敗してもドアパネルを交換すれば良いんですが… 当然その分パーツ代が必要になります。

なので正確に言うと「後戻りはできないが、交換はできる。パーツ代は必要」というわけです。

アウターバッフルにしたいなら、最初に覚悟しときましょう。

アウターバッフルにしてみたレビュー

とにかく音質は良くなりました。

やはり、スピーカーから出る全ての音が車内に広がるからだと思います。

音がこもった感じが無くなって、明るくなった印象です。

見た目も、スピーカーが見える方がカッコイイです。個人的に。

ただし、スピーカーが直接見えていることで、足が当たったりすると破損する可能性があります。

…とはいえ、エブリィだと位置的に当たる可能性は低いと思います。足が長い人は知らんけど。

プロショップに頼むか、自分でやるか

そんなアウターバッフルですが… もし自分でやるとしたら、かなり大変です。

完成しても、やはりプロに比べれば見劣りします。

…とはいえ、プロに頼むと作業工賃が高いです。まぁ、大変な作業なのでそれは当たり前田のクラッカーですが。

工賃はピンキリですが… 7~8万円以上はかかりそうです(私調べ)

自分で作業するならば、部品代だけでイイので、1万もかかりませんが…

  • 失敗するリスク
  • 交換する場合のパーツ代
  • 完成した時の見た目

など、リスクが大きいです。

「安くしたい」のが目的であれば、結果的にプロショップに頼んだ方が、完成した見た目の満足度も高いので、良いかもしれません。

しかし、DIYという作業自体が好きなのであれば、自分で挑戦してみるのをオススメします。

私もDIYが好きなので、自分でアウターバッフルを作ってみました。

実際に作った方法は、コチラ↓に詳しくまとめています。私が運営している別サイトの記事です。

まとめ。アウターバッフルは、やる価値あり

アウターバッフルにするハードルは高いですが、間違いなく音は変わるので、やってみる価値はあります。見た目のかっこよくなるし。

ただし、「後戻りはできない(元に戻す場合は交換パーツが必要)」ということは、覚悟しときましょう。

自分でDIYに挑戦する場合は、コチラの記事もぜひ参考にどうぞ。

ABOUT ME
ケロケロ
愛車の軽箱バンを、いじるブログだよ。 パーツの取り付けや、DIYカスタムなど、箱バンユーザーの方向けに役立つ情報や共感してもらえる内容を発信していきます!