音質アップ

軽箱バンに、デッドニングする意味はあるのか?実際にやってみたので、内容をまとめます。

デッドニングをご存知でしょうか…?

カンタンに言うと、スピーカーの環境を良くしてあげるカスタムです。

具体的にどんなカスタムかと言うと…

スピーカーが取り付けられているドアは、通常こんな感じです…

これを、こんな感じ↓で加工するのがデッドニングなんです。

…というわけで今回は、以下の内容をまとめてみました。

  • 軽箱バンにデッドニングをする意味とは?
  • デッドニングの効果とは?

ぜひ参考にしてみてね。

デッドニングをする意味とは?

まず、ホームオーディオのスピーカーを思い浮かべてください。

こんな感じで、ボックスに取り付けられています。

スピーカーは、振動板が前後に動くことで、スピーカーの前面から音が発生します。

…しかし実は、スピーカーの背面からも音が出ているのです。

前面からの音を「プラスの音」とするならば、背面から出る音は「マイナスの音」になります。

音楽を楽しむために必要なのはプラスの音で、マイナスの音は必要ありません。

ホームオーディオのスピーカーであれば、ボックスに取り付けられているので、マイナスの音が主張してくることはないのですが…

カースピーカーの場合、スピーカーはドアに取り付けられています。

そう、こんな感じで。

そう、穴だらけなんです。

この穴は、サービスホールと呼ばれます。

部品を交換する時など、手をいれるための穴です。

穴が開いてるのはしょうがないとして、それを塞いでいる素材が問題です。

そう… ご覧の通り、ビニールです。

これは、雨や洗車の際に水の侵入を防ぐためのもので、音質のことは全く考えられていません。

ビニール袋に自分の口をつけて声を出してみると、ものすごく振動しますよね?

それと同じことが、スピーカーの背面から出るマイナスの音によって、起こるわけです。

  • マイナスの音で、ビニールがバサバサ振動してノイズになる
  • 振動が内装に伝わって、不要な共振を生む。

デッドニングは、このドアをより良い環境にするための(マイナスの音の主張を減らす)カスタムなんです。

実際にデッドニングした方法は、別サイトに詳しくまとめています。

コチラもぜひ見てね。

マイナスの音を完全に無くすことは難しいですが、効果はありまくりマクリスティです(詳しくは後述)

デッドニングの効果とは?

前置きとして、個人の感想ですが…

スピーカーのキレが良くなります!

今までには聞こえなかった楽器の音が聴こえたり、ドラムを叩く、

ズダタダタダタダーン!

という「ダ」の音の一つ一つが聴こえたり…といった効果を実感できました。

特に、聴き慣れたお気に入りの曲であれば、違いを実感できると思います。

ドアの肘置き部分に手を置いてみても、振動が減った(ような)気がします。つまり、共振が減っている、と。

…というわけでデッドニングは、「やらないよりは、やった方が絶対イイ」です。

特に軽箱バンは、元が商用車なので、音質とかは全く考えられていません。

その分、施工した効果は大きい…ハズです。

自分で施工するためのキットもあるので、興味があれば、ぜひお試しください。

コチラの記事も、ぜひ参考にどうぞ。

ABOUT ME
ケロケロ
愛車の軽箱バンを、いじるブログだよ。 パーツの取り付けや、DIYカスタムなど、箱バンユーザーの方向けに役立つ情報や共感してもらえる内容を発信していきます!