音質アップ

軽箱バン、エブリィにサブウーハーを追加する時に注意したい4つのこと

ケロケロ

こんにちは! ケロケロです(@kerokero_DIY)

仕事で使うことも多い、軽箱バン。

…とはいえ、なるべく良い音質でドライブを楽しみたいものです。

その場合、低域を得意とするサブウーハーを追加すると、音に深みが増します。

実際に私もサブウーハーを追加しましたが、お気に入りの曲の印象もガラリと変わりました。

…ただ、軽箱バンゆえに、サブウーハーの追加には注意しなければならないポイントがあります。

そこで今回の記事は、軽箱バン(エブリィ)で、サブウーハー追加で注意すべきポイント4つまとめました。

ぜひ参考にしてみてね。

この記事では、注意ポイントのみをまとめております。

実際に取り付けた作業を含めた内容は、姉妹サイトのDIYでプチカスタムにまとめております。ぜひ見てね。

ラゲッジに置くのは一長一短

軽箱バンの最大のメリットと言えば… 広い荷室・ラゲッジでしょうな。

どんなサイズのサブウーハーでも、問題なく置けます。

だがしかし!

サブウーハーを置いてしまうと、その分 荷物が置けなくなる…ということです。

軽箱バンは縦にも広いですが… サブウーハーの上に荷物を重ねるわけにもいかないので、縦のスペースも使えなくなります。

でも…

ケロケロ

あきらめないでっ!

ウサギ

真◯みきか

最近のサブウーハーは、「薄型タイプ」もあります。

シート下に置けるので、スペースを邪魔しないんです。

ただ… この方法は、軽箱バンには使えないんですよ…

シート下には置けない

軽箱バンのシート下に、スペースはありません。

なぜなら、下にエンジンがあるからです。↓運転席シートを持ちあげたところ

口径の大きいスピーカーは厳しい

サブウーハーのスピーカーサイズは様々です。

20cm~30cmなど、ラインアップされています。

音質だけを言うのであれば… サブウーハーが担当する低域は、スピーカー口径が大きいほど有利です。

しかし、その分サブウーハーのサイズも大きくなるので、配置する場所が限定されます。

ラゲッジに配置してもいいのであれば、全く問題ありません。

しかし、ラゲッジに配置したくないのであれば、スピーカーサイズは妥協しなければなりません。

口径が小さいと意味がない… というわけではありません。

あくまで「口径が大きい方が有利」という話です。

全てを考慮すると、運転席・助手席の中間しかない

  • ラゲッジには置きたくない
  • かといって、シート下はスペースがない

…というわけで、私が実際にサブウーハーを取り付けたのは… 運転席・助手席中間の足元です。

スピーカーの口径サイズは20cmになります。

また、既製品でちょうどいいサイズがなかったので、スピーカーボックスは自作しました。

実際にスピーカーボックスを自作した内容は、コチラ↓です。

シートを動かしても当たらないように、スピーカーボックスはかなり小さくなりましたが…

取り付ける前と後では、低域の厚みに違いを感じます。

サブウーハーを取り付けたことで、音に深みがでました。

ラゲッジにサブウーハーを配置しても問題ないのであれば、どんなサブウーハーでも取り付けできます。

しかし、ラゲッジスペースを最優先にするなら… 配置場所やスピーカーサイズは考慮しないといけません。

ぜひ今回の記事も、参考にしてみてください。

ケロケロ

おしまい

ABOUT ME
ケロケロ
愛車の軽箱バンを、いじるブログだよ。 パーツの取り付けや、DIYカスタムなど、箱バンユーザーの方向けに役立つ情報や共感してもらえる内容を発信していきます!